漢字・熟語の習熟度をはかる漢字の検定 [ 漢字習熟度検定(漢熟検)]

漢熟検とは

漢熟検概要

「漢熟検」とは「漢字習熟度検定」のことを指します。
自国語としての豊かな日本語を使いこなすこと、その基礎となる漢字や熟語の習熟度を高めることを目指した検定試験です。

出題の特色とねらい

「漢熟検」の根本的なねらいは、自分の使いこなせる漢字や熟語を増やしながら、「正しく豊かな」日本語を習得するところにあります。


1
一つひとつの漢字は大切ですが、あわせて生きて使う言葉の基本は熟語の力といえます。
漢字力とは熟語力とし熟語の習得を重視して出題します。

2
生きた文の中で使われる漢字や熟語を、その文脈から適正に判断できるために問題文が長めになっています。また問題の素材として文章も用います。

3
関連語の使い分けが正しくできることを求めて、同音訓異義語等、対義語や書きまちがえやすい漢字・熟語などを出題します。

4
解答は、すべて記述式になっています。
示された中から選ぶ解答の場合でも漢字や読みを書くことになります。

2017年度第1回 漢熟検合格率 (平均点)

1級66.7%(81.3点)
2級33.4%(61.7点)
準2級30.0%(60.8点)
3級30.9%(57.5点)
4級55.8%(70.1点)
5級51.0%(65.9点)
6級47.1%(60.6点)
7級54.9%(68.4点)
8級80.8%(81.9点)
9級86.7%(84.3点)
10級93.9%(89.1点)

※外国人受検者含まない

2016年度第3回 漢熟検合格率 (平均点)

1級42.8%(74.7点)
2級33.3%(69.6点)
準2級54.8%(73.6点)
3級46.4%(68.9点)
4級50.7%(69.1点)
5級56.8%(70.0点)
6級48.3%(66.7点)
7級59.7%(69.7点)
8級77.1%(81.5点)
9級82.6%(80.1点)
10級84.6%(89.8点)

※外国人受検者含まない

2016年度第2回 漢熟検合格率 (平均点)

1級50.0%(75.7点)
2級31.2%(63.8点)
準2級42.1%(70.3点)
3級50.6%(67.0点)
4級51.8%(66.9点)
5級45.1%(65.1点)
6級58.4%(66.8点)
7級57.8%(68.6点)
8級74.5%(75.9点)
9級64.7%(75.4点)
10級88.4%(83.4点)

※外国人受検者含まない

検定会場一覧
Copyright © 一般社団法人 日本漢字習熟度検定協会 All Rights Reserved.